HOME  >  Product & Service  >  Carbon Credits Trading

1997年採択された気候変動協約である京都議定書は地球温暖化防止のために二酸化炭素など温室効果ガスの排出を規制する国際協約でEU、日本などの先進38ヶ国は2008~2012年の期間中に温室効果ガスの排出量を1990年の水準より平均で5.2%を減らさなければなりません。現在韓国は温室効果ガスの義務減縮国ではありませんが、OECD加盟国の中で排出量増加率が1位であります。従いまして、2012年以後の義務減縮国に含まれる可能性が高く、現政府も<低炭素グリーン成長>を核心スローガンとして温室効果ガス減縮に力を注いでいます。もし、義務減縮国に選定されなくても低炭素成長は必須で、これからも炭素排出権の重要性がますます大きく なるでしょう。

炭素排出権取引とは温室効果ガスを排出する権利を取引できるようにする制度です。排出枠が余った国や企業と、排出枠を超えて排出してしまった国や企業との間で取引(トレード)ができるようにしました。温室効果ガスの排出枠は国別に定められますが、排出権取引はほとんど企業間で行われています。

炭素排出権は新再生可能エネルギー事業と密接ににつながっています。全世界的に驚くべき成長を見せている‘グリーン(Green)産業’の核心は新再生可能エネルギー事業の活性化で、炭素排出に強力な規制をしない限りはグリーン産業は失敗することしかありません。炭素排出を規制しないと費用がだんだん増えるだけではなく、環境汚染の主犯になり資源の枯渇にまでつながります。㈱チェリールミは炭素排出権の重要性を認識して、円滑な炭素排出権取引を通じて低炭素グリーン成長と環境に優しい社会への道を歩んでいきます。

炭素マイレッジ制度とは家庭、企業、学校などで電気、ガス、水道の使用量を節約して二酸化炭素の発生を減らすと税金の減免、商品券、交通費などに使えるポイントを支給する制度です。

Green business means グリーンビジネスとは緑化産業、つまり公害や開発などで減少している緑地を元に戻そうとする事業です。

グリーンマーケティングとは大量生産、大量消費による資源の無駄使い、生態系の破壊、環境公害などを避けたがる消費者集団がだんだん増えて、企業側からももっと積極的に対応していかなければならないという立場から誕生したマーケティングの概念です。